私のトレードを変えたひらめき




●生き残ったごくわずかな人達は、主要な問題は自分の手法にあるのではなく、 自分の思考にあるのだということを悟るのです。彼らはこれによって変わる ことができ、成功するとレーダーとなることができるのです。
●新しいトレーディングの方法や、ホットな情報、改良されたソフトウェアは、 あなたが自分自身を扱うことを学ばない限り役に立たないのです。損する ことをやめるためにどうしたら良いのかを自分で考え、そしてそれに向かって 自分を変革しなければならないのです。
●賢明なトレーダーはいかなるトレードに対しても自己資金の2%以上を損失の リスクに決して晒すことはありません。例えば、あなたの自己資金が3万ドルと すると、1トレードにつき600ドル以上はリスクをとってはならないことになります。



最初の一歩




 ブローカー手数料もスリップページも含めてあなたのビジネスリスクを たとえ1ドルでもオーバーしたならば、あなたは敗者なのです。 トレードの記録をあなたはきちんとつけていますか。記録の整備がだらしないと いうことはギャンブラーや敗者の明確な兆候であります。 良いビジネスマンは記録をきちんんとつけます。あなたのトレーディング期間中に 記録した最大の含み益、ストップロスが執行された以降に被ったであろう最大の 損失額、そのほか必要と思われるデータが記入されていなければなりません。


自分一人のための会




●アルコール依存症患者の会の会員の最初にとるべき一歩は 「私はアルコール依存症で酒に関しては全くの無力である」と宣言する ことです。トレーダーとしての最初の一歩は、「私は敗者で、損に対しては 全くの無力である」と言う事です。
●ビジネスマンとしてリスクの範囲内でトレーディングするということは、 アルコール依存症患者が酒を断って暮らしているのと類似しています。 酔っ払いが自分はアルコール依存症であると認めなければならないのです。 そこから彼の回復の旅路が始めるのです。
●儲けを蓄積することができません。自分の感情の高低をマーケットにゆだねて しまっていたのでは、お金を儲けることはできません。


マーケットは大海のようなもの(前半)




以下は、プロのトレーダーに成長するために至った過程で役立ったルールである。

1.マーケットに長期間とどまっていくのだと決断しなさい、すなわち、今から20年後でも あなたはトレーダーでありたいと考えることです。
2.出来る限りの勉強をすること。専門家の書いた本を読み、話をきくこと。ただし、すべての ことについてある程度の健全な疑いの気持ちは持ち続けること。
3.欲を出して、トレードにすぐ飛びつかない。まず学習に十分な時間をついやすこと。 今後、何ヶ月、何年にもわたり、マーケットは存在し続けるのだし、その間、今より もっと良いチャンスが訪れるのだと考えること。
4.マーケットを分析する方法を開発すること、すなわち、「もしAが起これば、次にBが起こり そうだ」という論理でものを考えること。マーケットには多くの分析可能な側面があり、 トレードの妥当性を確認するためにいくつかの分析方法を用いること(トレーディング・ モデルの利用を前提として)まず、すべてを過去のデータを使って検証してから、次に 実際お金を使ってマーケットで試す。マーケットは刻々変化しており、例えば強気相場と 弱気相場、その中間の移行期ではトレーディングにそれぞれ異なったツールが必要



マーケットは大海のようなもの(後半) 




以下は、プロのトレーダーに成長するために至った過程で役立ったルールである。

5.マネー・マネジメント計画を策定すること。あなたの第一のゴールは長期的な生き 残りです。第二のゴールとして自己資金の着実な増大。そして第三のゴールとして 高い利益を上げること。大半のトレーダーはこの第三のゴールを第一におき、 ここにあげた第一、第二のゴールの存在すら意識していません
6.いかなるトレーディング・システムにおいても、とレーダー自身がその投資プロセスに おける最も脆弱な部分であることを認識しておくこと。匿名のアルコール印損少の会に 出席して、いかに、(許容範囲以上の)損失を回避するかを学び、または衝動的な トレードをなくすあなた自身の方法を開発すること。
7.勝者と敗者では、その考え方、感じ方、振舞い方が、違うものです。まず、あなたは 自分の中をよく見つめ直し、あんたの持つ幻想を剥ぎ取らねばなりません。 そしてこれまでの自分の在り方、考え方、行動を変えていかねばなりません。 変革には困難が伴いますがもしあなたが本当にプロのトレーダーになりたいので あれば、あなたは自分の性格を、それに合った形に変えるように心がけねばなりません。



為替の名著の購入先




次へ


戻る





Copyright (C) 2010-2013 Sunlife Corporation. All Rights Reserved


inserted by FC2 system