情報は少なく深く利用する




たくさんの情報が簡単に手に入るようになりました。以前は一部の人間しか 見られなかった情報も、誰でも手に入れることができます。 そんな時代になった今、相場の世界でよく言われている言葉があります。 「情報は最低限度でよい。」 これは、相場を見る上で、たいへん大切な考え方です。  会社が作ったレポートを有意義だと本気で思っている証券マンなども、 相当に問題があると言えるでしょう。


チャートは頼るけど信用しない。




「チャートやテクニカルなんぞ、100%信用してはならない。」と考えています。  実を言うと、チャートを信頼して相場と対峙するのは間違っているのです。 チャートは信用はしない。。だけど、「テクニカルどおり」やらないと成功はありえません。 テクニカルやチャートが示した以上のことをする必要は全くないのです。なかなか 理解しにくいことですが、この部分が理解できて、なおかつ実際に出来る人は、相場が 相当うまい人だといえます。相場でお金儲けが出来ているということです。自分で 学習して検証を長時間こなせると「頼るけど信用しない」の感じがつかめてきます。 この感じがつかめるまで努力しなければならないということです。


プロかアマかは負け方で決まる。




 決めた事を遂行しての負けは、相場師としての「誇り」以外の何ものでもありません。 問題となるのは、「決めた事を遂行できずに負けた時」です。 そのときは、「素人」と、 自分で自分を罵倒します。「同情の余地なし」というやつですね。こういうときは、本当に 情けなく思うし、運よく損切りが遅れて勝ったとしても、そのお金は残さないように 遊びます。それで何かを買ってしまうと、それを見る度に嫌な思いをするので、 パッと忘れられるように旅行などに使います。運よく勝った事を「ラッキーだった」と 思う人は、いずれ退場の憂き目にあうことは間違いないでしょう。 もう一度書きます。「素人と玄人の差は、負け方できまる。」


好き勝手できることは驚くほど少ない。




 ある程度努力して学習してきた人が壁にぶるかるのは、損きりなのです。 損切りがうまいからこそプロと言えるのであり、損切りが出来ない人間を相場師とは いえません。人はよく、「損切りを、難なく出来るのは才能だ」といいますが、 それは、大きな間違いです。  自分が出来ないことを才能のせいにしてはいけません。そこには必ず原因が あるのです。相場のなかで、努力で解決できないものはないと、私は考えています。 私は損切りを難なくできる一人です。それが出来る要因は大きく分けて二つあります。 まず一つに、「損きりはチャンス」と考えていることです。これはもう一つの要因と 絡みます。そのもう一つの要因は、「膨大な検証があった」ということにほかなりません。 要は、どれだけ投資対象を研究したかということにかかってくるのです。



為替の名著の購入先













戻る





Copyright (C) 2010-2013 Sunlife Corporation. All Rights Reserved


inserted by FC2 system