見ている物が違う




 固定レートと変動レートとの金利交換スワップや、元利金が回収できない可能性を問う クレジットリスク、転売する際の効率的な市場を保障する流動性リスクの価格への 織り込み方、オプションのボラティリティなどは、客観的な目安を使っていながらも主観に よって大きな幅があります。  だからこそ、買いたい人ばかりに思われる市場にも必ず売る人がいて、売り一色と 呼ばれる市場にも買い手はいるのです。  求めるものや好みが違うとおのずから与える評価も違ってきます。人はまた、 見たいようにしか見ないものなのです。相場は奥が深いと言われるゆえんでしょう。 市場は異なった考え方の人々が、同じ目的で集まって機能していることを 覚えておきましょう。





為替の名著の購入先
















































戻る





Copyright (C) 2010-2013 Sunlife Corporation. All Rights Reserved


inserted by FC2 system